日々の心地よい暮らしの為の賃貸計画~毎日借り暮らシティ~

必要な契約

賃貸住宅の保証人に関する注意点について事前に知識を得ておく

good house

保証人は日本の賃貸住宅制度において広く用いられているものであり、この保証人を準備できないと、賃貸借契約を交わすことができないケースがほとんどです。最近では保証人不要のタイプの賃貸住宅も増えてきていますが、それらのタイプの物件は賃料が代わりに高く設定されていることもあります。 そのため賃貸住宅を借りる上で保証人については準備をする必要が生じることが多く、その際には注意点もあります。まず注意したいポイントとして、保証人はあくまで収入を持つ人でないと意味がないということです。賃借人が賃料を支払えなくなった場合に備えての保証人となるため、収入のある人物を選ぶ必要があります。 また別の注意点として、本人の署名と捺印が必要なため、早い段階で準備をしておかないと契約が進まなくなる可能性があります。

ダブル家賃を避けるためのテクニックについて

ダブル家賃とは旧居と新居の2つの賃貸住宅にそれぞれ家賃を支払うことです。このダブル家賃が生じやすいのが、当然引越しの直前などです。旧居の解約日と新居への入居日がちょうど一緒になればダブル家賃は避けられますが、早々そんなにうまくいくことはありません。 しかしダブル家賃を避けるテクニックもあります。それが新居での大家への交渉で、入居タイミング次第ではダブル家賃を避けることが出来ます。例えば月末あたりでの入居ならば、賃料を今月と来月分の1ヶ月分は無料にしてもらうことも十分可能です。 賃貸借契約では旧居の契約を解除するには1ヶ月前までに解除通告をしておく必要がありますが、新居の大家との交渉がうまくいけば、ダブル家賃が発生せずに済みます。

Copyright © 2015 日々の心地よい暮らしの為の賃貸計画~毎日借り暮らシティ~ All Rights Reserved.
Free Html5 Templates by TemplateMonster.com | Zerotheme.com